【ブログ】家を買うタイミング①

美しい桜不動産購入

ウィンドゲートforsaleの編集者です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

3月といえば出会いと別れ、不動産会社にとっては引っ越しシーズンで大忙しです。

引っ越しと言えば賃貸ですが、お子さまの入学や新生活に合わせてマイホームを買いたいと考えている人も多く、実際お問い合わせくださる方もいらっしゃいます。

実際いつのタイミングで家を買えばいいのか私自身もよく考えますが、不動産に関して明確な答えはないのかもしれません…

ひとつはっきりと言えるのは、「買いたい!と思えるタイミングが買い時」ということです。

「買いたい時が買い換え時」というワードが昔はやりましたね

不動産は大量生産される普通の商品と違って、同じものは二つとありません。建売住宅やマンションも、内装が似ていても周辺地域や隣人など、ひとつひとつの物件で全く異なります。

だから「この家がとても素敵!支払いも問題ないし、老後まで住み続けたい!」というような理想的な家が見つかったなら、買ったほうが良いと個人的に思います。

「資産価値」を考えた上で買わないと…と頭を悩ませている方もいらっしゃいます。もちろん将来売却する際のリスクを考えるのも非常に大切ですが、周辺環境もバッチリで内装も良い、ローン組みも余裕があって、むしろこの家を逃すと後悔しそうな物件がある場合、その物件を狙っている人が他にもいる可能性が大いにあります。

悩んで悩んで購入をためらっていると、他の人に先に買われてしまう可能性大です

資産価値について考える意味がないと言うわけではなく、むしろ後々のことを考えると考慮すべき問題です。

私が伝えたいのは、自分の得意分野ではないことを一人で時間をかけて悩むのではなく、不動産会社や専門家など、信頼と知識のある人にサクッと答えをもらってしまうと良い、ということです。(私は一人で悩んで番手を取られたことがあります…)

ハザード上明らかに危険な場合や、地価が上がりすぎている場合などは教えてもらえますし、「良い物件じゃない?」と専門家に言ってもらえたら、これほど心強いことはありません。

気を付けるべきポイントは、根拠なく「買え」「買うな」と強く伝えてくる営業についてです。

本心からそう言っている可能性もありますが、目先のノルマのみを気にした発言の可能性があります。そうでなくとも、実際に住む人の意見を無視する営業マンは少し危ないので、話をしっかり聞いてくれる人を担当に選びましょう。

マイホームの購入はとても大切で大きな買い物にもかかわらず、ほとんどの人が初めての経験な上、誰も買い方や選び方を教えてくれません。

家を買いたいと思ったら、まずはインターネットなどで簡単に知識を集め、分からないことは専門家にどんどん頼って、後悔のない買い物にしてくださいね。

住宅の購入・売却は株式会社ウィンドゲートまで
渋谷区渋谷2-12-8 アートビル202
03-6418-6666
LINE→@windgate

    タイトルとURLをコピーしました